春夏秋冬日記 2017年

マルシェ

第2回、農の間マルシェが行われました。

梅雨に入る直前の晴れた日。

 

初めての出会いと語らい、農を語るだけでなく、地域の語らいの場になっていく。

 

 

 

次はどんなマルシェが出来るかな、、、

 

 

 

 

まいみそのを販売しているギャラリークラノマのフェイスブックページが出来ました!

こちら~ https://www.facebook.com/KURANOMA/

 

 

武石飴 ブセキアメ

完売御礼!!

 

先日行われたマルシェにて、武石飴が完売いたしました。3月の末に降る雪。寒い日でしたが沢山のお客さまが、いらしてくださいました。武石飴はこれから生産数を増やしていきますが、まずは来月、4月29日の武石花祭りにてドーーーンっと販売を致します。そして、遠方より味噌を購入して頂いているお客さまにもご案内できるよう準備を進めていますので、もう暫くおまちくださ~い!!!

 

このロゴ。武石在住の方のアイディアがギュッと詰まっているのですよ。濃いぃ茶色の■こそがブセキ。ブセキ、武石、たけし、、、

 

何はともあれ感謝です♪  (小林)

 

 

 

0 コメント

農の間 マルシェ~

週末にマルシェを行います!!

 

 

 

な、なんと、まいみそのを使った飴の販売が始まるのです♪美味しくて美味しくて、食べたらやめられない、やみつき味噌キャラメル。キャラメル~?飴~なの?それは、おたのしみに~

 

 

 

あら?まいみその「麹」担当による甘酒の振る舞いもあるんだそうな~同じ麹を使うってことは。。。

 

 

 

 

これはもう、行くしかないですよ!!!お近くの方、遠くてもわざわざ、是非、遊びにいらしてください。春の芽吹き、そろそろお散歩も楽しい季節になりますね。 (小林)

 

0 コメント

仕込み

 今年のまいみその仕込み。黒大豆を沢山使いました。少し色の濃い味噌に仕上がる予定です。麹と大豆を混ぜて混ぜて、、、味噌タワー!これをほぐして、混ぜてまぜて、また味噌タワー!麹の香りに酔いそうになりながら、今年も美味しく熟成しますように~そんな想いを込め最後は味噌だんごを作って、樽にうち込みました。

 

 そしてこの時期、味噌仕込みをしている傍らで、春のお出迎え福寿草が咲き始めました。黄色の花が眩しくて、ほっこりする瞬間です。

 

 まいみそのは、極み熟成味噌という、究極の天然熟成味噌の販売を始めます。これまた、サイトページ内でお知らせをするので御期待ください!(小林)

 

続きを読む 0 コメント

まいみその、お竈を起こす

 寒中お見舞い申し上げます。

 タイトルにある漢字、読めるでしょうか。うーん、口で説明するにも難しい漢字。「穴かんむりに中華マークみたいな字から尻尾が生えたような…」、かまど。時々、ジメッとした部屋の片隅でこちらをじっと見ているあいつ、間合いを詰めた瞬間、ビヨヨ~~ンと素晴らしい跳躍力を見せつけこちらをビビらせる。そいつの名は竈馬。薔薇同様ごまかすように片仮名では書かれるが漢字では滅多に書かれることがないちょっぴり可哀そうな字、竈。 

 工房にかまどができた。これにより熱効率が良くなり、煮る炊く蒸す作業が一時間ほど短縮できた。何しろ煮炊き作業は厳冬期の夜明け前、零下10度の中で行われるので一時間の短縮は本当にありがたい。昨年までは薄い鉄の囲いで仕立てた竈風かまど。薪が盛んに燃焼しても熱の半分は逃げていたのだろう。

 その昔、世帯で竈を持つことはその世帯が独立し一人前になった証。このかまど、経験豊富な宮下農園の宮下さん作製のかまどですから、「まいみそのでお竈を起こしなさい」、つまり財を成しなさいでしょうか。宮下さんからのそんなメッセージが薪のはぜる音とともに聞こえてくるようです。背筋が寒く、いいえ、背筋が伸びる思いで日々作業を行っています。竈という字はなかなか意味深です。 

 私、安部、相変わらずブログ更新が滞っています。すみません。昨年10月頃からのまいみその関連経過報告をざっと記載しておきます。10月、まいみそのを持って埼玉県飯能市名栗祭へ参加。同10月、武石おさんぽギャラリー開催、宮下さん農の間OPEN 11、12月、まいみそのを使ったお菓子作り検討。そんなこんなで年が明けて2017年2月は宮下米麹造りとまいみその仕込み予定です。大変遅くなりましたが、まいみその共々今年もよろしくお願いします。

 寒さも本番を迎えました。麹室内の温度と外気温の温度差が±30度を超える日々が続きます。私事ですがさすがに気を付けなければなりません。皆様もどうぞお風邪など召しませぬよう、お体ご自愛下さい。

 

 

0 コメント

氷柱

 これは一体!!!地面と繋がってしまいそうな程に立派なツララ。ツララとは「氷柱」と書く訳で、字の通りの見事な出来!ここは、武石にある温泉旅館『岳の湯温泉 雲渓荘』食堂からの眺めです。http://www.unkeisou.com/ 温泉に入ってランチを食べることも出来るので、この見事なツララを見物しに是非、足をお運びください♪

 

 まいみそのは、今年も仕込みの準備を始めています。1年で一番寒い時期ですが、陽射しから少し春を感じるのは気のせいでしょうか...この2週間に降り積もった雪は、いつ溶けるのだろうかと思いながら、春を待つのも楽しい時間です。(小林)

 

 

 

 

 お知らせ まいみそのの原料を作っている宮下農園の宮下和美氏による「安全の食を考える会」という勉強会が開かれます。病に苦しむ方や無農薬農業を望む方と共に学ぶ時間です。詳細は こちら を御確認ください。

 

 

0 コメント